熊本県立北陵高等学校でわが家のワークショップを開催しました

著者:福岡被災地前進支援

熊本県立北陵高等学校でわが家のワークショップを開催しました

まだ各地で救援・復旧活動が続いている時期ではありますが、昨日はかねてよりご依頼をいただいていた熊本県立北陵高等学校で、30名の生徒さん達を対象に「わが家の災害対応ワークショップ」を開催してきました。

一昨年の熊本地震で自宅が被災された生徒さんもいて、家具の固定等の日頃からの備えの大切さを実感されているのが、他の生徒さん達にもよく伝わりました。このワークショップを通じて、生徒の皆さんがご家族と一緒に、一歩ずつでも災害対応を進めていただくことを願ってやみません。

昨日はこの時期だからこそ、内容を一部カスタマイズして「注意報・警報と特別警報の違い」や「避難準備・避難勧告と避難指示の違い」についてもお話してきました。

また、ワークショップ終了後は福岡市に移動し、福岡市と福岡市社会福祉協議会が主催する「災害ボランティア講座」に参加してきました。ここではANGEL WINGSの藤澤 健児さんから最新の被災地の状況についてお伺いしたり、今後の支援活動について福岡市や福岡市社協のスタッフの皆さんと意見交換をしてきました。

著者について

福岡被災地前進支援 administrator

-->